【ついに】驚異の出世 滝沢秀明副社長がジャニーズ本社社長就任か

タッキー伝説の始まりか

【ついに】驚異の出世 滝沢秀明副社長がジャニーズ本社社長就任か

伏線はあった

ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(38)が近く、ジャニーズ本体の社長に就くことが現実味を帯びてきた。

「肩書きなら、課長でも一気に社長になれるのですが、滝沢氏は代表権を持つ代表取締役につくと思われます。名実ともに会社のトップですが、そうなれば社外の取り引きなど滝沢氏の権限でできるようになります」(ジャニーズライター)

伏線はあった。9月4日、ジャニーズ事務所は、メリー喜多川氏が代表取締役会長を退任し、名誉会長に就くことを発表。

「メリー氏は、もう93歳。近年は車いすでの移動でした。実務自体が無理な話。それに会長でも名誉会長でも、頭がハッキリしているうちは影響力は同じ」(前出・ジャニーズライター)

現在、事務所の代表取締役社長は娘の藤島ジュリー景子氏。

「ジャニーズ事務所は売り上げ1000億円といわれるのに非上場の同族会社。代表取締は、取締役会で選ばれますが、取締役といっても身内ばかり。そもそも取締役は株主総会で選ばれる。メリー氏やジュリー氏は大株主ですから、代表権を持っていても不思議はない」(女性誌記者)

メリー氏が退き、滝沢氏が社長に昇格というのはが自然だろう。となるとジュリー氏は会長か。

「驚くのは滝沢氏はジャニーズの株を持っていて大株主らしいのです。そこで代表取締役として、完全にタレント部門を統括、営業を仕切りたいようです。滝沢氏は昨年亡くなったジャニー喜多川氏の相当数の株を譲られたとされます。メリー氏、ジュリー氏に次ぐ3、4番手という話もあります」(女性誌記者)

株さえあれば株主会でと取締役に選任され、取締役会で代表に選ばれることも考えられる。そうなると肩書き・社長ではなく、完全な代表取締役として会社のカジ取りができる。

「事務所の周辺では、滝沢氏を”社長”と呼ぶ人間が増えている。だから手越祐也を筆頭にジャマ者は、今後もどんどん追放の憂き目にあうのでしょう。もともとジャニー氏は”ジャニーズ愛”に溢れる滝沢氏に全権を渡したかった。ジャニー氏の株はほとんど渡ったとされ、数百億円という預貯金も遺産としてもらったというとんでもない話も。だから一昨年末でタレント業を廃業したのです。当面、ジュリー氏を立て、よき社長を演じるでしょう」(女性誌記者)

滝沢伝説ははじまったばかり。(フルキカズヤ)

コメントをどうぞ 3 件のタレコミ

  • 名無しさん says:

    あの若さで社長就任はあり得ないだろう?
    普通なら、佐藤副社長みたいに70代の年配が社長になるべきなのに・・・と納得いかない私です(笑)
    ただ、メリーがSMAPを壊したならバーニングプロに追放されるしかない!
    一線を越えたと証明されて、名誉会長の資格なし!

  • 名亡し says:

    ジャニーさんがお亡くなりになってジャニーズも死んだようなもの。タッキーが全面的にプロデューサーとしてやっていかれるのであれば、タキーズに社名変更を望む。
    勝手に夢枕にジャニーさんを立たせて、お前の好きなようにやれと言わせたとか…故人の利用の仕方が信じられない。ジャニーズ愛に溢れるなんて表現は疑問しかない。どちらかと言えばジャニーズをぶっ壊す!という気概さえ感じる。
    改革も大事だが、本当にジャニーズ愛があるのであれば自分のタキーズ路線と平行してジャニーズというブランドを大切にする姿勢が見えるはずではないだろうか。

  • 名無しさん says:

    いざジャニーズが本当に潰れたら、ますます激震が走るよ?
    タッキーがまた作ればいいだけのこと・・・それはさておき、SMAP騒動当時に周防郁雄が田辺エージェンシーの成功を嫌がってメリーに泣き付いたことが本当ならバーニングプロ社長として失格!
    ましてや元ジャニーズ社員小杉理宇造に蹴落とされてしまえばいい!
    ジャニーの敵を取ったつもりでしょうが、周防がジャニーズマネージャーの座からやり直してメリーとは一切関わらないようにするしかない!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *