【瓜田速報】ATM18億円事件主犯「俺が見た井上勇君」

【瓜田速報】
ATM18億円事件主犯 井上勇君に捧ぐ
「いつか娑婆で会えたら」

瓜田純士 うりた・じゅんし。1979年、新宿歌舞伎町に生まれる。少年期を不良として過ごし、10代を暴力団に捧げて、獄中に。懲役で物書きに目覚める。著書に『ドブネズミのバラード』等多数。『遺書〜関東連合崩壊の真実とある兄弟の絆〜』がベストセラーとなる。地下格闘技やTHE OUTSIDERにはアウトローのカリスマとして参戦していた

最高額の詐欺事件

知人がニュースに出てきて驚くときと、驚かない時がある。驚くときは、
「えっ? あの人がこんなことしてたのか」
って時だ。驚かないときは、そのうち捕まるだろう、と予測出来ていた時だ。
さっき逮捕されたある人物は、小さな事件ではなく規格外の大きな事件でそのうち捕まるだろうと思っていた。なので、今日の逮捕ニュースを見ても別に驚かなかった。
全国17都府県のコンビニのATMから18億円超が不正に引き出された事件の黒幕として、福岡県警は先月28日、窃盗などの疑いで既に指名手配していた職業不詳の井上勇容疑者(41)の公開手配に踏み切っていた…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *