【競馬界のアイドル】藤田菜七子が引退危機で「今後は脱ぐ?」

騎手の世界は甘くない…(インスタグラムより)

【競馬界のアイドル】藤田菜七子が
引退危機で「今後は脱ぐ?

「活躍の場は約束されている」

競馬界のスーパーアイドルと言われたJRA所属7年目の女性騎手・藤田菜七子(24)。

しかし、競馬ファンの間でも『最近見ない』『消えた』という声が大きくなっているという。

たしかに数年前までは、競馬以外のマスコミやCMにも引っ張りダコ。

まさにJRAの広告塔として、レジェンド騎手・武豊(53)と共に大活躍だったが、肝心の騎手成績の方は、下降の一途だという。

「女性騎手にしては騎乗回数もかなり多く、4年目にはキャリアハイの年間43勝を記録。5年目も、骨折で戦線離脱の時期がありながら35勝と大奮闘したが、6年目からかなり雲行きが怪しくなってきた」(スポーツ紙トラックマン)

その6年目に、藤田を襲った二つの悲劇があるという。

 

一つは、5年目に落馬骨折した左鎖骨をアクシデントで再び骨折し、前回より長い療養期間となり、復帰後の調子も上がらなかったこと。

そして二つ目は、藤田以来となる新人女性騎手が、その年に2人同時に誕生したことだ。

「藤田はJRA女性騎手3年ぶりの登録だったし、現役唯一の女性騎手ということで、ルックスも手伝い大注目された部分があった。それが一気に3人になった上に、ケガも影響して大スランプに。その年は14勝止まりとなった」(同前)

そして7年目の今年は、すでにシーズン中盤に差し掛かっているのに、何とまだ1勝止まり(※5/8現在)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.