【検証】超人気「ヒゲダン」はミスチルを超えるか?【ブレイク裏】

売れまくり(公式プロフィールより)

【検証】超人気「ヒゲダン」はミスチルを超えるか?【ブレイク裏】

国民的バンドになるための要素とは

もはや説明のいらないほど大ブレイクし“国民的バンド”への階段を着実に登りつつある、Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム:通称ヒゲダン)。もしまだ知らない、という方は、完全に世の中から取り残されていると思って間違いないだろう。

そこまで評価をうけるヒゲダンだが、「令和のミスチル」と呼ぶ声もある。

「日本のバンドのトップの流れはざっくり分けると昭和がサザン、平成がミスチル。そして令和の代表格がヒゲダンになるのでは、と言われている。バックボーンや編成などほとんど共通点は無いが、なぜかヒゲダンとミスチルを比較する番組の企画や雑誌の特集が増えている」(音楽番組プロデューサー)

昨年の紅白周りの取材の際、ヒゲダンの今後の可能性についてさまざまな話を聞いたが、やはりミスチルと絡めて話す関係者が多かったのは事実。だが本当に今後、ヒゲダンはミスチルを超えていけるのだろうか。

「ミスチルの絶頂期であった平成と現在の令和2年では、そもそも音楽を購入する基盤が大きく変わっている。現在はサブスクリプションのように定額制で楽曲そのものを楽しむ時代なので、売り上げ等の単純比較は難しい。しかし、存在として“超える、超えない”でいえば即答出来る」

そう話してくれたのは、ミリオンヒットを連発する超大物アーティストを手掛けた音楽プロデューサーの側近スタッフだ。

「ズバリ、絶対に超えられないでしょう。時代が違うといえばそれまでだが、そもそもヒゲダンレベルの現段階の知名度で、ミスチルと比較になるわけがない。ヒゲダンなんて40代以上の男性は知らない人も多い。でもミスチルはメジャーデビューして1年半で当時のミリオンヒット『クロスロード』をリリース。そこから四半世紀以上、天文学的な売り上げを継続している」(同前)

ヒゲダンもそのミスチルと同じくメジャーデビューから1年半で、現状『プリテンダー』が代表曲として大ヒット、紅白歌合戦にも出場しているが。

「プリテンダーも良い曲だけど、クロスロードは音楽業界すべてが衝撃を受けた。あの曲でミスチルが未来永劫トップになるのを確定づけた。あとは……皆あえて言わないけどボーカルの差が大き過ぎる。歌が上手い下手じゃなく、カリスマ性があるかないか。どう転んでもヒゲダンはミスチルを超えられないと思う」(著名音楽家の関係者)

ミスチルというあまりに巨大な壁の前では、例えヒゲダンの現ライバルとも称されるKing Gnu(キングヌー)でさえも返り討ちにあうのでは。

ミスチルやサザンを超えるようなバンドが誕生することは、もう無いのか。(瀬戸ジーニアス)

コメントをどうぞ 2 件のタレコミ

  • そもそも、ミスチルも髭男もKingGnuも全部いいアーティストだからどっちの方が上とか言ってる時点で音楽関係者はおかしい

  • 何を言ってるのかわからないな、そもそも超えるとか超えないとか、あなた方が決めた言い方をする事おかしい。ミスチルも、ヒゲダンもそれを聴いた人が良いと感じる事や気持ちが安らいだり元気になったり勇気をもらえたりするのが音楽

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.