【乃木坂レジェンド】 西野VS 白石の「演技ドヘタ対決」の行方

意外にもインスタのフォロワー数は西野に負けている(インスタグラムより)

【乃木坂レジェンド】 西野VS 白石の
「演技ドヘタ対決」の行方

先に“艶見せ”する白石に軍配が上がる?

現在、絶賛公開中で、ヤクザ映画にしては異例のヒット作といわれる『孤狼の血 LEVEL2』(全国東映系)。…

意外にもインスタのフォロワー数は西野に負けている(インスタグラムより)

【乃木坂レジェンド】 西野VS 白石の
「演技ドヘタ対決」の行方

先に“艶見せ”する白石に軍配が上がる?

現在、絶賛公開中で、ヤクザ映画にしては異例のヒット作といわれる『孤狼の血 LEVEL2』(全国東映系)。

コワモテどもが血しぶき飛び交う決闘を繰り広げるなか、一服の清涼剤となっているのが、元乃木坂46の勝ち組といわれる西野七瀬(27)だ。

「前作でいうと、豊満美熟女・真木よう子(38)が演じたクラブのママ役。貧乳童顔の西野ではミスキャストではないかと作品ファンは公開前から騒いでいたが、フタを開けたらキャラ設定も違うし、それなりに西野がハマっていて意外に高評価だった」(映画プロデューサー)

しかし、肝心の演技の方はまだまだのようだ。

「広島弁もしっかりマスターし勉強熱心さは感じたが、やはりここ数年ずっと言われているように演技はかなり下手。でも今作はそれも織り込み済みの配役のようで、作品のなかでは不思議に違和感がなかったのは監督の演出力」(同前) 

西野は同時期に公開中の話題作『鳩の撃退法』(全国松竹系)や、放送中の連ドラ『ハコヅメ』(日本テレビ系)にも出演中で、10月からは主演の連ドラも控えている。

演技の上手い下手では判断出来ない、女優としての魅力があるのは確かなようだ。

一方、西野の最大のライバルにして、世間的には西野よりも格上扱いとなる白石麻衣(29)。…

関連記事 【現場イチコロ】白石麻衣 『超絶仕事獲得テク』の秘密がすごい

白石は西野より2歳上だが、卒業時期は2年遅かった。

その2年間で、女優としての経験値で大幅にリードを許してしまった白石だが、肝心の演技力はどんなものなのか。

現在、卒業後初の連ドラとなる『漂着者』(テレビ朝日系)に出演中。

「新聞記者役だが、ま、可もなく不可もなくという感じ。周囲でもよく『白石と西野』の比較論が持ち上がるが、まだ白石の方が演技に伸びしろがありそう。ようは西野よりは白石の方が少しはマシかな、くらいでは」(ドラマ脚本家)

西野も白石も、出演する連続ドラマに関しては “坂道の総帥” 秋元康氏の息がかかっている作品ばかり。

周囲の忖度もあり、酷評する声はあまり表に出ないが、見る人が見れば『どちらも学芸会レベル』という厳しすぎる意見もある。

2人のドヘタ演技対決は、現状では痛み分けの様相だが、白石には一発逆転の映画が控えている。
「来年2月公開の映画『嘘喰い』で、和服の女組長役というヒロインを演じる。原作ではベッドシーンもある役なので、さすがに全裸は無理でも少しは艶やかなボディを拝めるのでは」(映画関係者)

鶏ガラ体型でかなり細身の2人でも、バストの豊満さは完全に白石が上。

演技力対決は五分五分でも、“艶技対決” なら白石圧勝論もあるが、果たして……。(狩野 玖太)

Leave a Reply

Your email address will not be published.