『嵐』を喰ったAV女優「怪死に新証言」

怪死に新証言浮上「嵐」を喰ったAV女優・AYAを“殺した”闇人脈を追う

知りすぎたアイドル

発端は、AYAが住む渋谷区恵比寿の自宅マンションからの119番通報だった。
AYAは重度の覚醒剤中毒者だったとされる。通報時は過剰摂取で前後不覚の状態。慌てて救急に救いを求めたのが悲劇を招いた…

中国のネットで今も拡散されつづけるAYA

中国のネットで今も拡散されつづけるAYA

怪死に新証言浮上「嵐」を喰ったAV女優・AYAを“殺した”闇人脈を追う

知りすぎたアイドル

発端は、AYAが住む渋谷区恵比寿の自宅マンションからの119番通報だった。
AYAは重度の覚醒剤中毒者だったとされる。通報時は過剰摂取で前後不覚の状態。慌てて救急に救いを求めたのが悲劇を招いた。
ドア越しに聞こえる警官の怒号と周囲の喧噪に我に返ったAYAは、もうろうとしながら必死に逃げ場を探した。
部屋の照明を落とし、ベランダに出ると自らサクを乗り越えた。数年来の知人は振り返る。
「AYAは7階のサクに捕まり耐えきれなくなり落下してしまいました。
遺書もなかったのはそのためです。
警察発表では自殺として処理されましたが、あれは完全な事故ですよ」
シャブに狂った末の事故死。
それ自体はそう珍しい話ではない。しかし、その死にはその後、「殺されたのではないか」という疑惑が付きまとった。
「それは、AYAが知っていた芸能界の数々の醜聞と関係がある」
こう語るのは生前の彼女をよく知る六本木の飲食店関係者だ。
「彼女はジャニーズ事務所のタレントとよく遊んでいた。もっぱら夜のお相手としてね。特に嵐のメンバーとは親密で、彼らと撮影したプライベート写真を大量に持っていた」(前出関係者)
AYAの死後、その写真の一部が流出し、週刊誌で公開された。
が、持っていた”爆弾”はこれだけではないという。
ジャニーズ以外にも音楽界の大物の相当やばい写真も持っていたらしい。
その写真について、事情を知る暴力団関係者は声を潜めて言う。
「あのコは、レコード会社のオーナーの愛人だった時期があるようだ。
そのオーナーは、都内にある豪邸にタレントやミュージシャンを集めて頻繁にドラッグパーティーを開いていたようだよ。あのコがシャブにハマッたのはそこからだと聞いた」
パーティーの参加者には耳を疑うようなビッグネームが並ぶ。なかでも驚きは、10代〜20代の若者を中心に人気を集める芸能人の名前だ。
「AYAはこの女性歌手がコカインを吸引している現場がバッチリ映っている写真も持っていたらしい」(前出の知人)
AYAは、3年ほど前から、こうした醜聞の数々を自らメディアに売り込んでいた。
いわば彼女は…

いわば彼女は、業界全体にとって、いつ爆発するか分からない時限爆弾のようなもの。他殺説が根強く囁かれるのは、それ故だ。では彼女が芸能界の〝鬼っ子〟となるまでにどんな足跡を辿ったのか。

謎の写真は死後も利用された

生い立ちを知る芸能記者によれば、彼女の家庭環境は荒みきっていて、芸能界への憧れは荒廃した生活から脱却するための唯一の術だったという。
「大阪時代は、最初は若手のお笑い芸人、その後はジャニーズの追っかけをしていた。憧れを捨てきれず、16歳でタレントを目指して単身上京しました」(前出記者)
家出同然に実家を出たAYAは、しばらくの間渋谷の街をさまよった。
そして、96年に受けたテレビ番組「ASAYAN」のオーディションに合格したことで芸能活動を本格化していく。
「L☆ISというグループのメンバーになり、CDデビューも果たした。同時に、この時期から愛人生活がはじまったようだ」(同)
クスリへの依存を深めるうち、社会との接点はどんどん薄れ始めた。
仕事は激変。モデルの仕事にもありつけなくなりAVデビュー直前にはたばこ銭にも困るほど困窮していたという。
AV出演をはじめると、経済的な安定とは裏腹に、精神の荒廃は加速。悲劇的な終幕まで一気に滑り落ちていった。
だが悲劇は終わらない。皮肉にも彼女は死んでもなお、「道具」として利用された。
「AYAが持っていた写真が死後、レコード会社の関係者を通じて一部のマスコミに流れたんです。このレコード会社はジャニーズとは敵対関係にある所。写真を攻撃材料として使ったというわけです」(事情を知る関係者)
ある意味で、AYAは芸能界の闇に命を奪われたともいえる。しかし、彼女だけが特別な存在だったわけではない。その世界に巣くう闇人脈はあらゆる手段で女を搾取し続けている。
ある芸能事務所幹部は声を潜める。
「事務所のモデルやタレントをスポンサーの接待要員として使うこともある。
〝社交場〟が六本木や西麻布には点在している。AYAもそうした場所に出入りしていた1人だった」
そこで女たちが掴んだスキャンダルが、今回のように政治的に利用されることは珍しいことではない。
それがスターダムに駆け上がろうとするアイドルに仕組まれた大きな落とし穴なのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.