【何事?】ベッキー「恩知らずの独立」関係者激怒の舞台裏

【何事?】ベッキー「恩知らずの独立」
関係者激怒の舞台裏

事務所は退所に大感謝?

『平成最大の不倫騒動』といえば、最近はすっかり “あの人は今” 状態のベッキー(37)が起こした『センテンススプリング不倫』…

【何事?】ベッキー「恩知らずの独立」
関係者激怒の舞台裏

事務所は退所に大感謝?

『平成最大の不倫騒動』といえば、最近はすっかり “あの人は今” 状態のベッキー(37)が起こした『センテンススプリング不倫』。

今となっては、ありきたりな不倫騒動で大した話ではないが、なにせ16年当時 “好感度のかたまり” と呼ばれたベッキーが見せた裏の顔に、世間は衝撃を受けた。

関連記事 活動休止LiSA 『旦那ゲス不倫』離婚一直線でメンタル崩壊ガチでやばい説

「まさにタレントイメージとのギャップの激しさが、ベッキーの転落につながったし、世に『文春砲』という言葉が広まったのもこれがきっかけ。ベッキーが大看板だった所属事務所も、当時は経営破綻寸前にまで追い込まれたとか」(週刊誌記者)

5億円以上といわれたCMなどの違約金は、当初は事務所が肩代わりし、その後ベッキーが全額弁済したというが『金の切れ目が縁の切れ目』なのか、騒動から5年経った今年の8月末で、23年間所属したサンミュージックを退所するという。

「第一報が出たときは、あれだけ事務所にかばってもらったのに『どれだけ恩知らずなのか』と批判の声も多かった。しかしフタを開けてみたら、産休していたベッキーが復帰と同時に、元マネージャーの新事務所に円満移籍するというものだった」(同前)

それでも、やはり根強い『恩知らず退所説』を鎮火させるためか、サンミュージックの社長と副社長同席の上で取材対応をしたベッキー。…

「さすがにここまでするなら、何か遺恨を残しての退所ではないでしょう。社長も『娘を嫁がせるような気持ち』とまでいっていたし、今後も業務提携の関係は続けるそう。しかし、本音は『どうぞ出ていってくれ』という気持ちもあるのでは」(同前)

不倫騒動後は、完全に以前の地位から失脚し、多数あったレギュラー番組にも戻れずじまい。

タレント活動もままならない状況で、元プロ野球選手と結婚し子宝にも恵まれた。

「ベッキー自身が、もう第一線でスポットライトを浴びるのは無理というのを一番判っているので、家庭中心の生活にシフトチェンジしたのは事実。それは事務所も同じで、需要の無い彼女のマネジメントに手を焼いていた。そこで独立した元マネージャーが手を挙げたので『どうぞどうぞ』ということ」(芸能事務所関係者)

恩知らず退所、というよりは実質的な『肩叩き退所』に近い状態だったベッキー。

9月以降に新事務所の詳細も明らかになるようだが、ここから “大逆転のタレント人生” というのは、誰も期待していないか……。(狩野 玖太)

Leave a Reply

Your email address will not be published.