【裏速報】中居正広の「本当の病状」

早く完全復活して欲しいけど

【裏速報】中居正広の
「本当の病状」

抗がん剤治療中の可能性も

つい先日も報じた “国民的MC” 中居正広(50)の相次ぐレギュラー番組欠席騒動。

このイレギュラー的な中居の連続休養に、さまざまな憶測報道もあるなか、週刊新潮が決定的なスクープ記事を出した。

「なんと中居は、7月に盲腸の手術をした際、初期の盲腸ガンが見つかったそう。その手術を、元々予定していた9月の2週間近い夏休み期間中に行ったらしい。術後の経過が思わしくなかったのか、入院期間が更に2週間ほど伸びた結果、数々のレギュラー番組の収録をキャンセルした」(スポーツ紙ジャニーズ番記者)

その後、10月14日収録(※翌日OA)の『キャスターな会』(テレビ朝日系)から仕事復帰したが、画面に映る中居は、頬はコケ落ち、明らかに激やせしており、声もかすれ気味。

誰がどう見ても “完全な病人” という印象だった。

「それ以降は休まず仕事を続けているが、復帰から2週間以上経っても、相変わらず激やせ状態で、どの番組も中居の補佐役で局アナが助っ人出演している。以前のように1人で番組を回すのが、現在の状態では難しいからに他ならない」(同前)

日々、病院からテレビ局に向かっているという報道もあり、現在も何かしらの治療を続けているとみられる中居。

果たして中居は、週刊新潮の通り、本当に盲腸ガンだったのだろうか。

コメントをどうぞ 1 件のタレコミ

  • Anonymous says:

    コイツはジャニーズ事務所所属でも無いタレントのになんでジャニーズの名が出て来るんだよ、共演者いじめしてパワハラ三昧のMCといい因果応報ではないか

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.