【大惨事】フジモン&ユッキーナ夫妻 ついに離婚説浮上

どうなのよ(木下優樹菜インスタグラムより)

【大惨事】フジモン&ユッキーナ夫妻 ついに離婚説浮上

偽装して、ほとぼりさめたら復縁?

まだ残暑厳しい9月下旬の某日、都心の大人気エリアの路地裏を徒歩移動中のこと。

後部座席の窓の空いた走行中のワンボックスカーから、サングラスをかけた人相の悪い中年男がタバコの吸い殻を捨てていた……なんとその男は、のちに世間を騒がす「タピオカ恫喝騒動」を起こした木下優樹菜(32)の夫、お笑い芸人のフジモンこと藤本敏史(48)であった。

もともとヤンキーで、その騒動余波で芸能活動自粛中のユッキーナと違い、藤本は「ガヤ芸人」と言われながらも、嫁の尻に敷かれる優しい年上夫というイメージであったので、目の前で起きた社会的マナー皆無の行為に、私は目を疑った。

「フジモンは結婚後、ユッキーナに影響を受けたのか、プライベートでも粗暴になったともいわれるほど変わったという関係者がいます。そのポイ捨て男は、エリア的にもフジモンで間違いないのでは」(夕刊紙記者)

今回の騒動のかなり前からSNS上では、ディズニーランドなどでの夫妻の目撃談を中心に、出るわ出るわの罵詈雑言。

関連記事 エゴサーチや“晒し上げ”の恐怖 SNSで一般人にケンカを売る芸能人たち

「ヤンキー夫婦とか、反社夫婦とか、そんなのばかり。芸能人同士で目立ってしまうのは仕方ないが、写真を勝手に撮った撮らないで、夫婦揃って一般人と言い争う姿など頻繁に目撃されている。もっと売れてる大物芸能人夫婦も沢山いるが、そんなトラブルは聞いたことがない」(同前)

今後注目なのは、木下の活動休止中に、ある大きな動きがあるのでは、という点だ。

「一部報道では、藤本側が木下に愛想をつかし、子供を連れて別居、そのまま離婚するというものも。しかし、離婚の可能性はたしかにあるがニュアンスが違う」(芸能関係者)

木下ばかりに批判があがるが、上記の通り、藤本もそれなり。むしろ、気性の粗すぎる嫁をコントロール出来なかった、年上夫としての責任も大きい。どちらが悪いかを別にしても、木下のタレント復帰は、先が見えない状況なのは変わりない。

「復帰しても今のままでは以前のような活躍は望めない。そこで世間の同情をひくため、一旦ガチで離婚して、哀れなバツイチキャラでタレントの返り咲きを狙う。そしてほとぼりが冷めた頃に、やっぱり一緒になりたいと復縁再婚すれば、リバイバル夫婦として更にまた仕事が増える」(同前)

果たしてフジモンユッキーナ夫妻は、プラン通りに「偽装離婚」、もしくは「逆仮面夫婦」状態になるのか。

それにしても、ただのタピオカブームの影響で、まさか一組の芸能人夫婦が地獄に落ちることになるとは、世の中は本当に判らないものだ。(瀬戸ジーニアス)

コメントをどうぞ 14 件のタレコミ

  • しょうじ says:

    離婚はすんなよ!

  • 通行人 says:

    どうでも良いよ、あの二人いなくてもだあれも困らない、スナックでも二人でやれば。

  • 第三者 says:

    夫婦そろって大嫌い。身内を擁護する芸人も鬱陶しい。

  • タピオカミルクティー says:

    どうぞご勝手に!。だけどTV観ると、フジモンの薄ら笑いがあまり反省してない感が伝わって来る。

  • Anonymous says:

    ここで離婚する意味わからない
    同情どころか逆だと思うけど

  • 悲しい says:

    とりあえず、かわいそう。
    ここまで言われてしまうことなの?

  • Anonymous says:

    離婚したら良い。品のない夫婦は目障り

  • 一般人 says:

    小学生以下のマナー無い売れない芸能人はどうでもいいよ!

  • Anonymous says:

    2人とも要らない

  • Anonymous says:

    金のことしか考えてないからなあ

  • Anonymous says:

    需要がないと何度言ったら気付いてくれるのか

  • Anonymous says:

    かわいそうなのは脅迫を受けた上に大勢の木下ファンから嫌がらせを受けたタピオカ店の人
    大勢からのバッシングをそこまでするか、と擁護するファンの人達こそ自分達のしたことに口をつぐんで反省した方がいい

  • Anonymous says:

    元からクソな奴らが調子に乗って自分勝手に振る舞ってて
    やりすぎて普通に嫌われただけやろ
    ファンの民度もゴミカスだし、とっとと消えろとしか思わん

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *