【闇シリーズ】ニッポン最後の怪人・康芳夫の「暗黒老人日記」その2

【闇シリーズ】ニッポン最後の怪人 康芳夫の「暗黒老人日記」

第二回 麻原彰晃が来た(その2)

profile

康芳夫(こう・よしお)
1937年東京生まれ。《虚業家》を自称し、1970年代〜1980年代にかけて「謎の類人猿オリバーくん」「国際ネッシー探検隊」「モハメド・アリ招聘」等々奇想天外な企画を連発した《国際暗黒プロデューサー》。
『家畜人ヤプー』の全権代理人としても知られ、現在は80代を超えて俳優業に進出。映画『渇き。』『ディアスポリス』『干支天使チアラット』等で怪優として存在感を発揮している。
・公式ツイッター=@kyojinkouyoshio
・公式サイト=http://yapou.club
・有料メルマガ『全地球を睥睨(へいげい)するスフィンクス『康芳夫』メールマガジンそして「家畜人ヤプー」通信
・無料メルマガ『虚実皮膜の狭間=ネットの世界で「康芳夫」ノールール(Free!)

私はこうして「麻原の師匠」と呼ばれた

1995年3月×日。
私はテレビであの男を再び見つけた。一連のオウム関係の事件が明るみになった頃だ。
「あぁ、あの男だな」って思ったよ。麻原彰晃が私のところに出入りしていた時代から、既に20年くらいが経過していた…

Leave a Reply

Your email address will not be published.