【動画】ゼロ次郎の「今週はこれ見とけ!!」vol.3

【動画】ゼロ次郎の「今週はこれ見とけ!!」vol.3

「今後、日本で五輪が開催されることは二度とないんじゃないか…」

そう思わせるくらいにありとあらゆる問題が噴出し、聖火が灯る前から火だるま状態になってしまった東京五輪…

【動画】ゼロ次郎の「今週はこれ見とけ!!」vol.3

「今後、日本で五輪が開催されることは二度とないんじゃないか…」

そう思わせるくらいにありとあらゆる問題が噴出し、聖火が灯る前から火だるま状態になってしまった東京五輪。

しかし、五輪の歴史は常に事件や事故と隣合わせでもある。そこで今回は、これまでの五輪で起こった様々なアクシデントの動画を集めてみた。

①五輪反対派が聖火ランナーに消火器!(2016年リオ五輪)

ブラジルの経済成長を象徴する大会になるはずだったリオ五輪。しかし、招致決定から開催までの7年間で経済状況は急激に悪化。国民からは「五輪をやる金があるなら景気をなんとかしろ」というごもっともな意見が巻き起こり、各地で反対デモが頻発する事態に。
そんな中、聖火リレーは軍隊が護衛につく物々しい雰囲気で行われたが、あろうことか反対派の男性が聖火ランナーに向かって消火器を噴射。幸いにも聖火が消えることはなかったが「国民に支持されていない五輪」が浮き彫りになってしまう一幕であった。
なお、東京五輪の聖火リレーでも沿道から女性が水鉄砲を発射するという事件が起こっている。

②開会式で“平和の象徴”を虐殺!?(1988年ソウル五輪)

朝鮮半島で初めて開催される五輪となったソウル大会。しかし、北朝鮮が早々にボイコットを表明するなど、平和の祭典とは程遠い雰囲気に。そこで大会組織委員会は、開会式で“平和の象徴”である白い鳩を大量に飛ばすという演出を試みたが、離された鳩たちの一部が聖火台に居座ってしまった。
平和の象徴である彼らを追い払うわけにもいかず、かといって聖火の点灯というクライマックスシーンでまごつくわけにもいかない…結果的に聖火はそのまま点灯され、逃げ遅れた数羽の鳩はあえなく焼き鳥に。平和と友好をアピールするための演出が、とんだ裏目に出てしまった…

③飛び込み台に現れた謎の“チュチュ男”(2004年アテネ五輪)

競技中に観客が乱入するアクシデントはあらゆるスポーツで見られるが、五輪も例外ではない。こちらの映像では、一人の男が歓声を浴びながらプールの飛び込み台に登場するが、この男、実は選手でもなんでもないただの観客。下半身には、これまた飛び込みとは何の関係もないバレリーナのチュチュを身に着けている。すぐさま警備員が駆けつけるも、男はお構いなしにダイブ。大歓声の中、水面に腹から落ちる見事な演技を見せつけた。カナダからの観戦客であったというこの男は、その後逮捕され懲役刑に処されたという。

④判定に猛抗議!! コーチが怒りのストリップ(2016年リオ五輪)

審判の判定に納得がいかず、猛抗議…という光景はどのスポーツでも見られる。潔く負けを認めるのがスポーツマンシップとも言われるが、メダルをかけた一戦ともなると、そうはいかなかったようだ。
事件が起きたのは、2016年リオ五輪のレスリング男子・フリースタイル65キロ級の3位決定戦。モンゴル代表とウズベキスタン代表の戦いだったが、優勢であったモンゴル代表の選手が試合終了間際に相手から逃げ回るような動きを見せたことで減点を与えられ、ウズベキスタン選手の逆転勝利となった。
すると、この判定にモンゴル側のコーチが大激怒。なんとその場で着ていた衣服を脱ぎ捨てパンツ一丁で猛抗議するという暴挙に及んだ。会場が大ブーイングに包まれるなか、もう一人のコーチが止めに入るも、やがてそのコーチまでもが服を脱ぎ捨ててしまう事態に。当然ながら判定が覆ることはなく、まさに天国から地獄。国民的英雄になるはずが国の顔に泥を塗るという結果になってしまった。

⑤ボイコットに涙…閉会式で行われた伝説のゲリラ演出(1980年モスクワ五輪)

五輪に政治が絡んで台無しになった例として、今も語り継がれるモスクワ大会。当時は東西冷戦の真っ只中だったこともあり、日本を含む西側諸国の大半がボイコットしたのだ。そのことに抗議の意思を示したと言われているのが、閉会式でのマスゲームである。マスゲームでは、大会の公式マスコットである「こぐまのミーシャ」が描かれたのだが、その目からは一筋の涙が…“骨抜きにされた平和の祭典”を象徴するシーンであった。
時は流れ2014年、ロシアで行われたソチ五輪の閉会式では「ミーシャの孫」という設定のキャラクターが登場し、聖火を吹き消すと同時に一筋の涙を流すという演出が行われた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.