ボクシング世界王者・高橋知哉の青春ストーリー『あんぽら』第1章

ボクシング世界王者・高橋知哉の春ストーリー『あんぽら』 
第1章 「地下地下の賭け喧嘩 デビュー戦」

ボクシング世界王者の高橋知哉さんの「賭け喧嘩」デビューから、プロボクサーとして世界ヘビー級チャンピオンになるまでの青春ストーリーを描いた『あんぽら』の連載がスタート!
喧嘩ばかりの熱すぎる生き様をリアルに描き出す!

第1話 4号棟裏のショーキとトモヤ

「トモヤぁ~、この間も街中で派手にやらかしたらしいなぁ。弱い奴ばっか相手してんとこの世の中には強い奴がようさんおるぞ!」  
金髪坊主のショーキが4号棟裏の倉庫の溜まり場で、サンドバックを叩いていたトモヤにいつものように舐めくさった感じで言ってきた。
「俺もなぁ、空手やら格闘技やらやってきてな、ほんま色んな奴見てきたなぁ」
トモヤは4つ上の幼馴染みのショーキの言うことを黙って聞いていたが、胸の内ではショーちゃん喧嘩してんの見たことないやんと思ってた。
角材の束に腰掛けたショーキは、倉庫に投げ捨てられている原チャリの盗品をちらちらと見ながら話し続ける。

倉庫に捨てられたZXのパーツ

「腕試したいんやったらな、俺が先輩を紹介したるさかい。なんでか言うたら、在所(ざいしょ)の14棟の地下に喧嘩できる場所をつくんねん」
ドヤ顔でビシ(マリファナ)に火をつけ、肺に溜め込んで息を止める。それはいつものショーキの吸い方で溜め込んで息を止めるとキマりが深くなるらしい。グッとむせた仕草をした後に思いきりトモヤに向かって煙を吹きつけた…

「京都中のホンマに喧嘩が好きなヤツを集めるさかいなぁ、お前も顔出せやぁ~」
中学2年のトモヤは、ちょうど北区の同世代をシメた後だった。ショーキの言う通り強いヤツとやり合いたい!喧嘩がしとうてたまらんのじゃ!俺が北区最強や!いつヤラれるか分からない恐怖感ともっと強くなりたいという焦燥感で熱り立ち、サンドバックを思いっきり蹴り上げた。
京都市北区の金閣寺の近くに千北の在所と呼ばれる朝鮮人部落がある。そのエリアには映画パッチギの舞台になったボウリング場があった。隣接する仏教大学と市営住宅の6号棟は2mを超えるコンクリートの壁で隔たれていた。側に流れる紙屋川の上に単菅パイプで建てられた違法建築の住宅街は0番地と呼ばれ、入り口はダンプで塞がれている。団地の中は書き殴られた立ち入り禁止の看板が目立ち、外部の人間も入ってくることはない。ここは無法地帯やな、と在所の者が言っていた。

紙屋川の0番地

円町でパクったカナイのジャージのポケットからマルメンを取り出して、トモヤも角材に座り一服した。
「ショーちゃん、ええよ」
煙をくゆらせながら返事をすると、ショーキは服役中のオヤジからもらった金の喜平ネックレスをTシャツで磨きながらニヤついていた。
「ビシビシやんけ…. ショーちゃん….」

在所の中の取り壊し前の団地

写真 福持英助 / デザイン 櫻井浩(⑥Design)

「あんぽら」はnoteでも公開中!
https://note.com/chimokufu/n/n31da0073a31a

Leave a Reply

Your email address will not be published.