【瓜田速報】MC漢逮捕 蔓延する大麻について思う事

【瓜田速報】MC漢逮捕 蔓延する大麻について思う事

瓜田純士

うりた・じゅんし。1979年、新宿歌舞伎町に生まれる。少年期を不良として過ごし、10代を暴力団に捧げて、獄中に。懲役で物書きに目覚める。著書に『ドブネズミのバラード』等多数。『遺書~関東連合崩壊の真実とある兄弟の絆~』がベストセラーとなる。地下格闘技やTHE OUTSIDERにはアウトローのカリスマとして参戦していた。現在、瓜田夫婦のyoutubeが話題沸騰。ミュージックビデオ待望の4弾!「WHO IS JOKER」https://www.youtube.com/watch?v=VqJJ7G3ACIk

マリファナ愛はわかるけど

人気ラッパーのMC漢が逮捕されたってね。

5月2日かな?

ちょうどその頃から高熱だしてた俺も直ぐに書けなくて、やっと体調も回復したから書いてる。

新宿の路上で職質喰って、持ち物から大麻が出たらしい。隠そうとしたとかしてないとか、まぁ見てないからわからないけど、逮捕容疑は「大麻所持」みたいだね。本人は「俺の物じゃない」と容疑を否認してるとか。

そもそもこのラッパーは何者なのかってことなんだけど、ヒップホップ業界では有名人で、テレビなんかにも出ていたりする。新宿を地元と公言していて、年齢は俺の1つ上だ。正直、俺は1度も会ったことがない。どこかで会ってるのかも知れないけど、俺は知らない。彼は新宿と言っても早稲田の方で、高校は堀越学園だ。俺は少年期から早稲田の方へ遊びに行っても逃げ出す奴ばかりであまり楽しい思い出はなかったし、俺たちの感覚では「高校」に行く奴は少し感覚の遠い連中だった。暴走族か土方か少年ヤクザかチーマーくらいしか選択肢のなかったあの時代に、高校、それも芸能人も通う堀越学園に行ってた人物なんだから、俺みたいな非行少年と関係がある訳がない。

そんなMC漢がどういう訳か、ギャングスタラッパーと言う括りでシーンでのし上がってきた。俺も初めは意味不明だったが、彼の曲なんかを数曲聞いてみてわかったことは、彼は、レぺゼン新宿としていても、別に新宿の不良と言っているわけじゃない。

不良としてあいつどうだったの、なんて話ではなくて、彼の純粋なヒップホップへ注いできた熱やキャリアに、シーンでの立ち回りや成り上がり方、マリファナを愛してやまないものと伺えるリリックなんかが、「ギャングスタラッパー」の彼の色と言うか、周りより抜きん出ているところのようだ。そこにきて体格がよくて髭づらのいで立ちがハッタリとして効いていたことも、シーンで担ぎ上げられた要員の1つだろう。

そんな彼が、自身のバックボーンである「大麻」でパクられた。

コメントをどうぞ 1 件のタレコミ

  • 名無しワロタ says:

    覚醒剤反応も出て、子供二人もいて、レギュラー番組まで持ち、自分のレーベルのオーナーでもあり、田代まさしに説教までにして、昼からバキバキにキメて地元を歩き
    慌ててネタを捨てた彼は最高にダサい。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.