【危ない】またも交通事故 市原隼人「蒸し返される過去」とは

なぜ何度も…(公式サイトより)

デビューしてから4度目の「やらかし」

今月21日に行われた、映画『3人の信長』の公開記念舞台挨拶。 EXILE TAKAHIROが主演だが、2番手である市原隼人(32)の発言に注目が集まった。

「既に報道されているが、市原は今月11日に交通事故を起こしている。本人は無傷だったが怪我人も出ている。簡単に謝罪のコメントはあるかと予想されたが、主演のTAKAHIROサイドにも気をつかったのか事故の件にはふれなかった」(スポーツ紙記者)

自身の運転する自家用車が相当なスピードをだしていのか、3台が絡む玉突き事故だった。
 
「市原の車が渋滞の列に突っ込んた。法定速度で走った上でしっかりと前方確認していれば簡単に防げた事故。玉突きされた各車のドライバーは首の痛みなどを訴えている」(同前)

市原は、なんと芸能界デビューしてから今回で4回目の交通事故だという。  

「2002年に無免許運転の先輩のバイクの後ろに同乗し事故。07年には乗用車と衝突事故。09年にも追突事故。今回で4回目になる市原は完全な走り屋体質で、悪質ドライバーと言わざるおえない」(かつて事故を取材した週刊誌記者)

最初の事故で悪いのはその無免許の先輩だが、かなり大きい事故でその先輩は死亡している。さらに酷いのは2回目の事故だという。

「市原の運転に非があり衝突したが、その被害ドライバーが偶然にも市原の同級生の母親だった。しかし保身のため市原は別人のふりをして、更には悪態をついた。その事が一部マスコミにバレて、結局、事務所の人間と土下座謝罪に行き号泣したことも報じられていた」(同前)

市原ほどの名の売れた主演級の俳優であれば、事務所側ももう二度と運転させないよう免許を取り上げるべきだったろう。

「市原の事務所は俳優部門に関しては自由放任主義で有名。よって過去にトラブルを起こした先輩俳優も多い。実際2回目の事故以降、CM降板などもあり1年近く干されていたが、実質復帰となったルーキーズがドラマや映画にと大ヒット。翌年にまた事故を起こしている」(芸能関係者)

その3回目の事故から今回の事故までは10年空いてるが、それも疑わしいという。

「あくまでこの4回の事故は報じられたものだけ。細かい事故は、もっとあったとも囁かれている。示談で済ませて表に出てないのもあるのでは、というわけだ」(同前)

ここまで来ると事務所にも責任があるように思える。今後も市原を役者として活躍させたいなら、もうキッパリと運転免許を強制的に返納させるのが良いだろう。(瀬戸ジーニアス)

コメントをどうぞ 4 件のタレコミ

  • Anonymous says:

    だって日本人じゃないし

  • 真面目風なキャラだけど 裏で何してるか分からないってのが この人だね。妻子持ちの上に有名人の自覚がない上にタチが悪い。性格悪すぎ

  • Anonymous says:

    有名で力があれば、あったこともなかったことにできる。珍しいことじゃない、昔からよくあること。

  • どこかの名無し says:

    有力者との付き合いがあれば珍しくはない。大手なら普通。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.