【J危機】キンプリ24時間テレビ大爆死でジャニーズ勢力図に異変発生

キンプリ、意外と人気ない?

【J危機】キンプリ24時間テレビ大爆死で
ジャニーズ勢力図に異変発生

低視聴率にタッキー社長が“高笑い”?

「コロナシフトも2年目だし、昨年の “寄せ集めジャニ” よりは視聴率大幅UPを見込んでいたが、ここまで大幅ダウンとは。感染状況が昨年より悪いせいなのか、それとも単純に彼らの力不足なのか……」
こう溜息をつくのは、日本テレビ系制作会社のプロデューサー。…

キンプリ、意外と人気ない?

【J危機】キンプリ24時間テレビ大爆死で
ジャニーズ勢力図に異変発生

低視聴率にタッキー社長が“高笑い”?

「コロナシフトも2年目だし、昨年の “寄せ集めジャニ” よりは視聴率大幅UPを見込んでいたが、ここまで大幅ダウンとは。感染状況が昨年より悪いせいなのか、それとも単純に彼らの力不足なのか……」
こう溜息をつくのは、日本テレビ系制作会社のプロデューサー。

先日放送された『24時間テレビ』後の局内は、こんな話ばかりだという。

ここ20年ほどは、ジャニーズのレギュラー枠といわれるメインパーソナリティーのポジション。

今年の担当は、満を持しての『King & Prince(※以下キンプリ)』だったが。

「今年は東京五輪もあったりで番宣が例年より少なかった影響もあるが、世間は『24時間テレビやってたの?』という雰囲気だった。それでもキンプリ自体にもっと一般的な需要があれば、昨年より3.5%も爆下がりすることはなかったはず」(前出プロデューサー)

今年の平均視聴率は12.0%で、全44回中の29位。

昨今の多メディア展開を考えたら、現代の地上波でこの数字なら及第点では、という声もあるが。…

「昨年が、V6井ノ原・NEWS増田・キスマイ北山・WEST重岡、そしてキンプリ岸だったので、そこからの大幅下落というのが、日テレ内はともかくジャニーズ内でもショックが大きいとか。この結果に高笑いしているのが、意外にもタッキー副社長というウワサもある」(ジャニーズに近い芸能関係者)

今回の24時間のメインパーソナリティは、キンプリに本決まりする前には、タッキー派閥の『スノーマン&ストーンズ連合軍』案もあったというのは以前も当サイトで報じた通り。

関連記事 24時間テレビメインパーソナリティ「キンプリ確定」の舞台裏とは

「ジュリー社長派閥のキンプリが失敗したので、これで来年は連合軍ではなくても、どちらか単独でもメインパーソナリティーの線が出てきた。もちろんそこで失敗したら、ジュリー社長派の猛反発をくらうので、タッキーも何かと慎重にはなるでしょう」(同前)

さまざまな番組があるなか、やはり『紅白歌合戦』や『24時間テレビ』など歴史ある超大型番組は “帝国” といわれる芸能事務所の今後の勢力図にも大きい影響を与えるようだ。

水面下で、激化の一途をたどるジュリー社長派VSタッキー副社長派の “新派閥闘争” の行方も気になるところだが、じつは24時間テレビの歴代最高視聴率は当時SMAPの草彅剛&香取慎吾の2人が担当した回。

本当に高笑いしているのは、現『新しい地図』の事務所社長である、あの『I女史』なのかもしれない。(瀬戸ジーニアス)

Leave a Reply

Your email address will not be published.