【天才子役】芦田愛菜の『深刻過ぎる悩み』とは

清廉潔白って感じ(公式HPより)

【天才子役】芦田愛菜の『深刻過ぎる悩み』とは

「成長が止まってしまった」

『国民的天才子役』という名をほしいままにしてきた芦田愛菜(16)。
現在は高校一年生になり、この秋には主演映画も公開され、バラエティ番組のレギュラーMCも務めるなど、芸歴14年目にして今も第一線で活躍。

「マルマルモリモリの頃の子供っぽさはすっかりなくなり、最近では年齢相応の雰囲気になってきたが可愛らしさは相変わらず。学業も優秀で知的な雰囲気も漂わせていて、まさに才色兼備という感じ」(芦田を知るドラマプロデューサー)

このまま更に大人になり、ゆくゆくは国民的女優として日本の芸能界を代表する存在となることが期待される芦田。

しかし、人知れず深刻過ぎる悩みを抱えているという。

「実は、芦田はプロフィールのある部分が公表されていない。それはズバリ身長です。芦田は一向に伸びない身長に悩みすぎるくらいに悩んでいるというのです」(同前)

たしかに芦田の公式プロフィールには身長の記載は無く、さまざまな資料を調べてみても現時点の公式なものは一切無い。

「2017年と18年にテレビ番組で自ら145㎝と公表したが、その段階でも『実際は143㎝程度では?』と話題になっていた。それ以降はどうやら身長の話題はNGとなっていて、どの番組でもそれに関する発言はないが、見た感じはまったく伸びていない」(広告代理店関係者)

一般的な女性の成長期は11歳~15歳のあたりで、この時期に骨格が完成する。

女優に限らず、子役出身の芸能人はその時期に休業するパターンも多い。

「子役のイメージを固めないため、というのもあるが、どうしても実年齢より下の役を演じたりすることで、成長ホルモンの分泌に影響がでる。その時期は仕事を一切しない、という事務所もある。芦田の場合は、何かしらずっと表舞台に立っていたので成長が止まってしまったのかも」(同前)

実際、気になる芦田の現在の身長は……。

「さまざまな声を集めると145㎝程度では。2年前の24時間テレビの段階で2㎝ほどサバ読みしている可能性が高かったが、その後、少しだけ成長した。差し引きすると結果的には公表した通りの145㎝になったというのは信憑性が高い情報」(芦田を知る芸能関係者)

同時期から子役として活躍した同い年の本田望結(16)は現在160㎝。

体型なども芦田と比べると女性らしくなっているようだが。

「成長には個人差があるから何とも言えないが、芦田はもう身長が伸びない可能性が高い。せめてあと6~7㎝くらい伸びてくれれば大女優の道も開けるが、このままだと難しいでしょう。病理医を目指していると公言しているのもやはり『将来的に女優は無理』という苦渋の決断なのでは」(同前)

いっそのこと、もう1つのNG事項ともいわれる恋愛ネタを完全解禁にしてしまえば、今後 “色々と” 急成長が期待できるかも。(狩野 玖太)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *