人気AV女優の告白 〜私が裸を売る理由〜 葉月もえ

彼女はなぜ、AV女優になったのかーー。

文=中村淳彦
写真=金子山
実話ナックルズ好評連載がついに書籍化、人気AV女優19人の告白から知られざるAV業界の現実を描いた『ハタチになったら死のうと思ってた』が話題だ。本書収録エピソードの一部を紹介…

はづき・もえ 1995年12月4日生まれ、広島県出身。

はづき・もえ    @moehazuki
1995年12月4日広島県出身。2016年大学在学中にAVデビュー。
趣味・絵画。特技・書道。身長154センチ、B86(E)W59H85

彼女はなぜ、AV女優になったのかーー。

文=中村淳彦
写真=金子山
実話ナックルズ好評連載がついに書籍化、人気AV女優19人の告白から知られざるAV業界の現実を描いた『ハタチになったら死のうと思ってた』が話題だ。本書収録エピソードの一部を紹介する。

母親不在の家庭で

葉月もえ(22)は、大学を卒業したばかり。
就職活動はせず、大学3年生の夏にはじめたAV女優を、そのまま継続する。
「初めてちゃんとした彼氏ができたのは高校1年生のとき。
その彼氏と大学2年までずっと付き合っていました。
相手は真面目な人。
だけど、浮気相手のセフレを好きになって、別れちゃったんです。
セフレに夢中になるなんて一瞬の錯覚だったのに、4年以上付き合った一番大きな存在を失ってしまった」
高校は地元の進学校、勉強はできた方だった。
大学生になって彼氏と別れてから、続々とセフレを作った。
「ただ単にセックス好きなだけかもしれないけど、中学生の頃から自分にコンプレックスがあった。
自分は真面目、けどチャラチャラしている女の子たちに憧れがあって、なり切れない自分がいた。
見た目も中途半端だし、家もおかしいし、だからちょっとした反抗心というか。
早く自立して、大人になりたかった」
真面目な性格と育ちがコンプレックスで、反抗心でセックスする。
よくわからないので聞き進めると、「お母さんが自殺しています」と真顔で言いだした。
「高校3年生のとき、違う地方の風俗オーナーの家で首を吊った。
小学校4年のときに母親がいきなり行方不明になって、失踪。
捜索願を警察にだしても見つからなくて、高校3年のときに警察から連絡がきて自殺を聞いた。
驚いたけど、ああ死んじゃったのね、くらいの感覚でした」

はづき・もえ 1995年12月4日生まれ、広島県出身。

はづき・もえ    @moehazuki
1995年12月4日広島県出身。2016年大学在学中にAVデビュー。
趣味・絵画。特技・書道。身長154センチ、B86(E)W59H85

生まれたときから母親は仕事も家事も育児も一切しなかった。
料理や家事、妹の世話は自分の仕事だった。
小学生の頃から家事全般を任される、それが日常だった。
「父親と母親が仲良くなかった。
幼稚園の頃からご飯を炊くのは私の仕事で、掃除も私。
母親はなにもしない。父親は外で他の女の人と付き合って、それを家族に話していました。
家はそれが当たり前で、壊れているってわからなかった」
母親はなんの前触れもなく、失踪して二度と帰ってこなかった。
数百キロ離れた地方の風俗で働き、戸籍がないので家を借りることができずに風俗店オーナーの自宅に居住していたという。
そこで首を吊った。
「遺品整理で、母方の祖母が行ったらしい。
日記がでてきて、追い詰められている内容だったようです。
死ぬ前の日記には、ジグザグとかグルグルとか、文字は死にたいとか。
結局、なんの身分証もないから風俗店に流れて本当に精神崩壊したみたいです」
育った環境が壊れていたことに気づいたのは、高校で彼氏ができてから。
彼氏の家は温かい家庭で、一般的な家庭の風景を初めて知った。
「常識とは全然違う育ちって知ると、なんか真面目な自分がアホらしくなる。
だからチャラチャラした女子とかギャルに憧れました。
でも中途半端な人間だから、なれない。
それが大きなコンプレックス。
常識とか自制心があるから悪いこともできない。
だから、ちょっとした反抗で、めちゃめちゃセックスしました。
大学3年のときにAV女優になったのは、エッチができて、お金になるならいいかなって。
本当に軽い気持ちです。自分から応募しました」
大学卒業はしたが、就職はしなかった。
また、自分自身の中途半端さに悩む。
なにも考えなくていいのはセックスしているときだけ。
だから相手を探してしまう。
セックスのときはなにも考えなくていい。
気づけば、AV女優になっていた。
それでもコンプレックスから解放されない。
たまに苦しくなるときがある。
(※書籍には本原稿に加筆・修正されたエピソードが収録されています)
『ハタチになったら死のうと思ってた』
価格:¥1300+税
発売:大洋図書
「ハタチになったら死のうと思ってた」購入はこちらから
各電子書店でも電子版が絶賛配信中!

イベント告知

『ハタチになったら死のうと思ってた』出版記念イベント開催決定!
人気女優たちが告白した言葉と、気鋭写真家たちが撮影した写真を展示いたします。
併設されたバーではお酒を楽しみながら、ゲスト女優によるサイン&チェキ会も予定しております。
展示期間:8/23(木)~25(土)
会場:スタジオ35分 東京都中野区上高田5-47-8
営業時間:18:00~23:00

Leave a Reply

Your email address will not be published.