【嵐ショック】櫻井翔 婚前旅行発覚で「休止前に電撃婚」の真相

ふたり目なるか(公式プロフィールより)

【嵐ショック】櫻井翔 婚前旅行発覚で「休止前に電撃婚」の真相

有力なのは「来年春」

週刊文春で、嵐の櫻井翔(38)が正月にベトナムに婚前旅行に行っていたという特大スクープが出た。

「お相手はどこもノーマークだったが、大学の同級生だった元ミス慶応。在阪テレビ局員だったが、昨年退職しているあたり結婚の準備と見て間違いないのでは」(スポーツ紙ジャニーズ番記者)

さっそくネットを中心に櫻井の狂信的ファンが相手を特定していたが、アイドルと交際するすべてを悪とするファンの評と違い、業界内では歓迎ムードだ。

「姉さん女房と結婚した二宮もそうだが、変に年の差のある20代そこそこの女性とかではなく、同い年の女性というのが逆に好感がもてる。それだけにこのままいけばゴールインは間違いないのではないか」(同前)

関連記事 【Jの謎】関係者語る 嵐メンバー「驚くべき資産家ぶり」初公開

そうなると気になるのは櫻井の結婚時期だ。

「周辺に聞いたなかでは、近いうちに結納を済ませて年内には入籍するのでは、なんて話もあったのは本当。しかし、二宮が強引に入籍したことに強い反発をしていた櫻井。ここで自分もそれをやると『櫻井、お前もか』と嵐ファンのムードは休止前に最悪の状態となる。事務所サイドもさすがにそれは避けたいだろうから年内の入籍はないのでは」(嵐に近い芸能関係者)

二宮の妻よりも、櫻井のお相手が一歳下というのも大きいという。

「休止前に40歳になるのと、39歳のまま休止期間に入るというのは大きな違い。嵐活動休止後の21年の春までには入籍する線が最有力ではないか。嵐ファンからすれば、それなら許容範囲なのでは」(同前)

それにしても、今回のこの大スクープもさすが週刊文春というところ。

「ジャニーズネタを多く担当している記者がいて、業界では“櫻井ハンター”なんて呼ばれている」(芸能記者)

ハンターの手によって、今後も何か続報が出そうな雰囲気なのは間違いないだろう。(瀬戸ジーニアス)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *