今度はバービー重症「『イッテQ』の呪い」は本物

視聴率は相変わらず良い(オフィシャルサイトより)

【またか】今度はバービー重症
「『イッテQ』の呪い」は本物

10年前、ある民族とのトラブルで呪いをかけられた説

当サイトでも頻繁に取り上げている、何かとトラブル続きの『世界の果てまでイッテQ!』。今度は人気女芸人バービー(35)が、地方ロケでアキレス腱断裂の重傷を負った…

視聴率は相変わらず良い(オフィシャルサイトより)

【またか】今度はバービー重症
「『イッテQ』の呪い」は本物

10年前、ある民族とのトラブルで呪いをかけられた説

当サイトでも頻繁に取り上げている、何かとトラブル続きの『世界の果てまでイッテQ!』。今度は人気女芸人バービー(35)が、地方ロケでアキレス腱断裂の重傷を負った。

「つい先日、みやぞんが足首骨折したばかり。今回の方が全治3か月と重い。こんな短期間にタレントが連続でケガする例はまずない。“番組丸ごと呪われているのでは”なんて声も。最初は笑い半分だったが、もう笑いでは済まされないレベル」(別番組プロデューサー)

※関連記事 【やっぱり】みやぞん骨折 「『イッテQ』終了」の現実味

呪いだ呪いだ、とオカルト説が浮かび上がるほどに、さまざまなトラブルが襲い掛かるこの人気番組。いったい今までどんなトラブルがあったのか、ここらでおさらいしておこう。証言するのは日テレ系制作会社のベテランディレクターX氏だ。

「番組直接の問題もあるが、レギュラー出演者にもトラブルが降りかかるのが、この番組の“呪い”の特徴。細かいのも沢山あるが、ざっというと7つの大ネタにわけられる」

順を追って説明していただいたのをまとめるとこうだ。

その1:レギュラー出演者だったオセロ中島知子が、洗脳騒動で2012年2月に降板。オセロは解散するも元相方の松嶋尚美はしばらく番組に残ったが、なぜか産休後にそのままフェイドアウト。

その2:いわずとしれたレギュラー出演者ベッキーのゲス不倫騒動。芸能活動謹慎期間に入った16年2月から出演見合わせるも、なぜかその後は復活もせずにフェイドアウト。

その3:同じくレギュラーのNEWS手越祐也が、17年に闇人脈との写真流出で降板騒動が持ち上がるもジャニーズ忖度でギリギリ踏みとどまる。しかしその後も手越はトラブル続き。

その4:17年に、準レギュラーのデヴィ夫人が個人事務所の経理担当者から数億円の横領被害に。

その5:昨年、文春砲により発覚した、例の祭りヤラセ報道。番組の根幹を揺るがす事態に発展。

その6:今年5月に、準レギュラーみやぞんが海外ロケで右足首骨折。

その7:今年6月に、準レギュラーのバービーが左足アキレス腱断裂。

これらの“呪われた”トラブル続出で、現在は裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に視聴率を抜かれる始末。一部では、10年ほど前の海外ロケの際、ある山間部の宗教民族とトラブルになり、そこの呪術師に番組ごと呪いをかけられた、などの説もあるようだが、真相は定かでない。 いや実は、番組に復帰出来ていないことを恨んでいる、オセロ中島やベッキーの生霊に憑りつかれているのかも……。

一度、出演者とスタッフ全員で、ちゃんとお祓いしたほうが良さそうだ。(瀬戸ジーニアス)

Leave a Reply

Your email address will not be published.