【電撃引退】岩佐真悠子AV転身説『決定的⁉証言』入手

ましてや、休み無しの長時間過酷労働で低賃金は当たり前の “超ブラック業界” とも言われており、元タレントが働けるような世界ではない。
そうなると、やはりそれはカモフラージュで、以前からしきりにいわれている、あの業界への転職が濃厚か。

「数年前から岩佐は、芸能人専門をうたうあの有名AVレーベル関係者と接触しています。それが契約に向けてなのかどうかは定かではないが、何らかの話が進んでいるのでは」(AV業界関係者)

2013年の主演映画では、バストトップも露わなフルヌード濡れ場を演じた岩佐。

「まったく話題にもならないアングラ映画で、脱ぎ損だったという意識がかなり強い。どうせならその何倍も稼げるAVの方が良いと考えるのは当然。それに何と言ってもまだ若い。よくいる40過ぎでダルダルの身体でAV堕ちするオバサンタレントとは違いますからね。契約関係の問題でまったく違う芸名になるが、早ければ年明けには衝撃デビューが待っているかも」(同前)

ここまでのビッグネームからの転身は、ほぼ前例がないだけに大ヒット間違いなしか。(狩野 玖太)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *