【怖い村】成人式で「筆下ろし」儀式が!?

【怖い村】成人式で「筆下ろし」1

セックスが新成人の通過儀礼。うらやま(イメージ)

【怖い村】成人式で「筆下ろし」2

ソープに大行列とか(イメージ)

【怖い村】九州某地方女を知って大人になるーー

成人式「筆下ろし村」

税金でプロの技を

成人式シーズンがやって来た。
東北地方や長野など、雪の多い地域では足元の悪さや雪による交通トラブルの懸念、帰省シーズンに合わせるという意味で夏に成人式を行うこともあるものの、やはり全国的に考えれば1月ということになる。
成人式と言えば、一部の成人者が祭りのごとく大騒ぎをして迷惑行為に及んだり非常識な振る舞いをする「荒れる成人式」が風物詩のように扱われているが、「成人する」というのは若者にとって人生の大きな節目であることは間違いないだろう。
成人式行事の主なものは新成人が一同に会して自治体の長から祝辞を受ける「式典」。他に同級生同志が再会する機会を生かして、そのまま中学の同窓会を行うなど、地域によって様々。
そんな中、特に注目したいのが九州のとある村で行われている成人の儀式。何と式典後に新成人の男子全員が風俗に連れて行ってもらえる「筆おろし式」というものがあるらしい。
「引率というか仕切るのは役場の人間。つまり費用は税金で賄います。筆おろしと言っても童貞じゃない男子も対象です。『女を知って初めておとなになる』という意味なんでしょうね。戦前からの恒例だと聞いています」(地元関係者)
代々御用達(?)になっているソープランドのようなものがあり、この日は一軒丸ごと貸切。祝いの意味を込めて、売れっ子の泡姫が勢揃いするという。
「店のコもこの日は振袖を思わせる和服姿で出迎えます。縁起物ということで、この日に出勤を命じられるというのは店のコにとっても名誉のようですね。男達がくじ引きで順番を決め、好みの女のコを指名して個室に向かいます。キスの経験すらないヤツも居れば、経験豊富な自称・テクニシャンなんてのも居ますが、全員がプロのテクニックに昇天。規定時間を超えても戻って来ないとか、そのまま店の常連になっちゃうとか、けっこうハマっちゃうヤツも居て、一生忘れられない成人式になっているのは間違いありません」(前・同)
2022年からは18歳から成人式の対象となるため、先輩たちより2年も早く儀式に参加できると当該男子達は今からわくわくしているんだとか。
ちなみに新成人の女子に関しては特別な儀式はないということで、男尊女卑で知られる九州らしいと言えなくもない。(清水芽々)

コメントをどうぞ 1 件のタレコミ

  • 名無し says:

    うぷぷ、下ってるわ

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.