噂の芸能人専門交際クラブに潜入したら、あの巨乳グラドルが…

噂の芸能人専門交際クラブに潜入したら、あの巨乳グラドルが…

本物のタレントがズラリ

「そうですね。女優から地下アイドル、美魔女タレントやキー局に出てたお天気キャスターまで在籍してますよ」
週刊誌で見て電話したと伝えると、「プラ○ナム○ガ」のスタッフはそう切り出した。
日本初の芸能人専門交際クラブ「プラ○ナム○ガ」。週刊誌には「70名以上登録。中には大河ドラマ出演女優など、本物のタレントだけをそろえている」と書かれていた交際クラブに、本誌記者は5月某日アポを取ってみた。
「記事は間違いじゃないですが、それは入会金100万のAランクのコースですね。今はセール中で多少割引はしてますけど、こちらのブラックファイルは入会金を頂かないと写真はお見せできません。その下の入会金10万円のBランクもありますけど……いかがですか?」
男性が取り出したイエローのファイルには、テレビでも見たことのあるグラビアモデルから坂道系アイドルまで粒ぞろい。生唾を飲みこみながら、グラビアアイドルとして3作のDVDに出演しているM・Kという女の子を指名してみた。

手前の黄色いファイルは入会金10万のコース、奥のブラックファイルは入会金100万のAランクコース。入会金を払った者だけが見れるという

「では、日程の調整がつき次第後日追ってご連絡いたしますね。お手当さえ渡してもらえれば、あとはお客様同士の自由恋愛でお願いします」
数日後、新宿駅東口アルタ前。スラリとしたスタイルと美貌は雑踏の中でもひときわ目立っていた。
「あ、●●サンですか? 初めまして……」
客と会うのは2回目らしく、声は少し緊張していたが、間違いなく現役のグラドルだ。カフェでの顔合わせもそこそこに、ラブホテルへと向かう。

やってきたのは正真正銘のグラドルM。軽く食事した後にホテルへと向かった

「じゃあ、シャワー浴びてきますね」

スタイル抜群、美尻がエロい

パパ活の相場だという“デート代”3万円に、プラスして1万円の色を足してわたすと、いそいそとバスルームへと向かう彼女。バスタオル1枚で出てきた彼女は、ベッドで待つ記者の前でタオルを脱ぎ、ピンク色の乳首を押しつけ―。
「月極めでパパになってもいい?」
情事が終わったあと、しどけない顔で寝そべる彼女に切り出してみた。
「うーん……とりあえず連絡先教えてもらっていいですか?」

たった数万円でこのクラスの美女が抱けるとは

やはりそうか、とピンときた。「客と会うのは2回目」というのはフェイクで、彼女にはおそらく複数のパパがいる。しかしこのレベルの女と毎月ヤれて、サービスも悪くない。しかもさらに金を払えば、Aクラスにはさらにハイレベルのガチ芸能人が多く在籍している……。
“パパ活”とはどうやら、中年男性にとってどこまでも堕ちていく底なしの沼のようだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.