壊滅寸前?伝説のちょんの間 大阪【飛田新地】と川崎【堀之内・南町】に潜入

相次ぐ摘発

ちょんの間とは「ちょっとの間に行為をする」ことを語源とする裏風俗で昭和期には手軽な遊び場として絶大な人気があったが、ここ10年ほど大掛かりな浄化作戦が行われ、その多くは姿を消した。来年で平成も終わるという今年、東西を代表する色町はいまどうなっているのだろうか…

Leave a Reply

Your email address will not be published.