【まさか】西内まりや 囁かれる”懺悔ヌード”復活説を追う

あれ、なんか雰囲気変わりました?(インスタより)

【まさか】西内まりや 囁かれる”懺悔ヌード”復活説を追う

芸能界は厳しい

西内まりや(24)が近くフルヌード写真集を出す可能性が出てきた。水面下では「懺悔ヌード」と評判だ。いま彼女は完全に“干され”状態。2017年10月、仕事の方向性をめぐって対立。所属事務所内で社長にビンタ食らわせ逃走。翌年4月に独立を一方的に宣言し、ひと騒動となった。

「彼女がモメた事務所は、芸能界でも屈指の大手事務所。社長とケンカしたって勝てるはずがない。なぜ穏便な方向を考えなかったのか不思議です。独立を宣言したところで、結果は見えていました」(週刊誌記者)

関連記事 小嶋陽菜 完熟ボディのヌード写真集発売説を追う

方向性の違いに加え、彼女を支えていたマネージャーが事務所の意向ではずされ、その後退社してしたのも原因だとされる。

「マネージャーがどうのこうのというのは、よくある話。だいたいがマネージャーが美化されるのが定番。でも、そのマネージャーはいま別の事務所にいて、他のタレントを手掛けています。自ら辞めたといわれ、もともと縁がなかったんです」(芸能プロ関係者)

独立にしても、単なる彼女だけの意志。仕事が即舞い込むとも思えなかった。

「18年7月にインスタグラムを開設。姉・西内ひろもモデルなので、姉の力を借りてファッションメーカーとのタイアップ写真を掲載するようになりました。でも衣装提供などはあってもスタッフなどは自前。メーカーの専属でもないので、だいたいが少額のショット契約。西内は『制作費が苦しい』と嘆いていました」(前出・芸能プロ関係者)

またオフィシャルサイトも開設したが、仕事欄には過去のイベント情報が数本載っているのみ。今年後半の情報はなしだ。

「海外ブランドは多少つくようですが、日本では難しいでしょう。最近ジャニーズ事務所による圧力が問題視されるなか、どこの芸能プロも“干し”は自粛。ただ西内が暴力をふるったかは不明ですが、一方的に独立。これでは芸能界のルールを無視しただけで、テレビや広告会社が使うとは思えない。ヘタに使えば元所属事務所との取り引きはできなくなる。起用するメリットは皆無に近いでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

状況を理解したのか、最近、様子が微妙に変化しているという。

「去る7月、インスタにニップレスを貼ったシースルーブラウス写真をアップ。8月には白ビキニ姿の川遊び写真を披露。巨乳の谷間を見せ、そのボリュームが話題になりました。西内はスリムなイメージがありましたが、完全にDカップ巨乳以上」(前出・週刊誌記者)

西内は身長170センチ、B80・W58・H83のBカップで、スリム系といわれてきた。

「最近、彼女は元所属事務所との和解の方向を探っているといいます。和解となればそれ相応の“詫び料”も必要。だれもが認める大物ならば1億円以上。西内ならば5000万円以上といわれます。でも、いまの彼女にそんな大金など用意できません」(前出・週刊誌記者)

どうやらそこに彼女が巨乳を公開した理由もあるという。

「写真集を考えているようです。インスタで反応を見て、できれば“手ブラ”“パンティー”で逃げたい。でもギャラは知れたもの。だから『乳首&ヘア出し』は絶対なんです。ヘアならば部数20万部、ギャラ7000万円の可能性も出てくる。彼女も『懺悔ヌード』をやるか思案の最中です」(前出・週刊誌記者)

迷ったときは進むべし。(フルキカズヤ)

Leave a Reply

Your email address will not be published.