【お知らせ】霜降り粗品 「熱海不謹慎発言」で謹慎休業説浮上

サイコパスっつーか無神経(インスタグラムより)

【お知らせ】霜降り粗品
「熱海不謹慎発言」で謹慎休業説浮上

「熱海終わったもんな」

特撮映画のワンシーンを観るような、あまりに信じられない光景となった静岡県熱海市の土石流災害。
発生から2週間が経過し、行方不明者と死者は合わせて30人に迫るという大惨事となった…
 

サイコパスっつーか無神経(インスタグラムより)

【お知らせ】霜降り粗品
「熱海不謹慎発言」で謹慎休業説浮上

「熱海終わったもんな」

特撮映画のワンシーンを観るような、あまりに信じられない光景となった静岡県熱海市の土石流災害。

発生から2週間が経過し、行方不明者と死者は合わせて30人に迫るという大惨事となった。
 
そんな恐怖の自然災害を、こともあろうか生放送で揶揄し、まさにトークの “ネタ” にしようとした超売れっ子芸人に対してバッシングの嵐になっているという。

それは “お笑い第七世代のリーダー” ともいわれる霜降り明星の粗品(28)。

レギュラー番組『オールナイトニッポン』で言い放った信じられない言葉が原因だ。

「『熱海が終わったもんな、雨で。いや、宮崎アナのせいで』と静岡のレギュラー番組で共演する女子アナの名前を出して、面白可笑しく土砂崩れをいじった。さすがにマズイと察知して相方せいやが何とかトークを軌道修正するも時すでに遅し。CMの間などに上層部からも相当怒られたようで、あとのブロックで公開謝罪するはめに」(ラジオ局プロデューサー)
 
あまりの不謹慎発言ぶりに、放送中からあらゆるネットコメントが大炎上状態に…

関連記事 暴言、失言、不謹慎…芸能人のネット投稿事件簿

いくら超売れっ子芸人とはいえ、まだ20代の若手芸人であることは間違いなく、社会常識にも乏しい粗品。

ついつい “口が滑った” 可能性もあるが、じつは確信犯だったという話も。

「ラジオより前にYouTubeライブでも同じように土砂崩れ災害をニタニタ笑いながらネタにしていた。視聴者からリアルタイムで『不謹慎すぎる』『謝罪しろ』とコメントが入っていたがお構いなし。普段は見せていない粗品の奥底にあるサイコパスな部分が、あのショッキングな映像で呼び起こされてしまったのかもしれない」(吉本系制作スタッフ)
 
しかし、ここまで批判殺到となると、気になるのは粗品の今後だ。

その当日の謝罪以降は、オフィシャルな謝罪は特になく、日々のレギュラー仕事をこなし、先日はFNS歌謡祭にも出演して大炎上した粗品。

「吉本側も数日様子を見ているようですが、ニッポン放送社長も定例記者会見で怒りをにじませていただけに、何らかの対処が必要なのでは。翌週の生放送で何らかの処分を自ら発表する可能性もある。謹慎休業などもありえるのでは、という声もある」(同前)
 
同じくオールナイトニッポンで失言をした吉本の先輩ナインティナイン岡村隆史(51)の場合は、人間の生死にかかわる話ではなく、結果的にそのネタ話が現実となり、のちに評価急上昇となったことも記憶に新しいが、粗品の場合はシャレでは済まされないレベル。

実際に謹慎休業になるかは、まだ未確定のようだが……ひとつだけ言えるのは、深夜ラジオの生放送などにはまったく向いてない芸人であることは間違いないだろう。(狩野 玖太)

Leave a Reply

Your email address will not be published.