【悲劇の死から1年】三浦春馬 新たに浮上する自殺の “怪情報”を追う

さまざまな怪情報が飛び交っているが…(インスタより)

【悲劇の死から1年】三浦春馬
新たに浮上する自殺の “怪情報”を追う

大物2世議員にも繋がる新たな疑惑

昨年7月に亡くなった人気俳優・三浦春馬。自殺の動機として「親族間のトラブル」「仕事上のトラブル」「性的趣向問題」など多数の説が囁かれ…

コメントをどうぞ 4 件のタレコミ

  • Anonymous says:

    薬物とか?
    春馬くんは薬物やらないと思うけど

  • Anonymous says:

    訳分からん内容でガッカリ。 嘘っぽい

    期待していたのに、くだらないネタ

  • 陰謀論はいいから。 says:

    春馬氏は生来の生真面目で責任感が強い性格に加え、若い頃から鬱を連想させるインタビュー記事を残している。また、ボイストレーナーの斎藤かおるさんのインタビューでは、事務所はクローズし7月にはマネージャーも代わっていたことがわかった。身内とは疎遠。頼る人、訴える相手もなく突然発症した鬱の強い自殺願望に抗えなかったか。
    メンタルケアがおろそかになっている日本のエンタメ界の犠牲者だと思う。

    週刊誌の記者が彼の悩みの本質に迫りたいのはわかるが、コロナの社会不安に加え、そもそも春馬氏には実存の不安があったように思う。自らが生まれてきた意味、生きていく理由を問い続ける人生だったのでは?そこに大きくか変わっているのが美しく奔放な母、その人だろう。
    春馬氏12歳の疑問は「カラスはどこで死ぬのだろう」。何か根拠となったものがあるのかもしれないが、子供の口からはあまり聞かない疑問ではある。

  • Anonymous says:

    自殺ではないという説は追わないんだ?書けないんだ。不可解なことが多いのに。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.